南北統一鉄道を上手に使ってベトナム縦断旅行!!

投稿日:

先日、久しぶりに南北統一鉄道に乗りました。

そこで、南北統一鉄道をご紹介!!!

・・・と言っても、乗り方などは、多くの方がホームページや個人のブログなどで、既に紹介済み。というわけで、イージーベトトラベルでは、どうしたら、ベトナム旅行の中で、上手に南北統一鉄道を利用できるか、考えていきたいと思います。

 

《目次》

(1)時間があるならベトナムは縦断すべき国

(2)縦断旅行の手段いろいろ

(3)南北統一鉄道に乗るなら、絶対に外せない区間

(4)鉄道チケットの買い方&駅で購入するときのポイント

(5)車内販売のお粥が美味しい。駅で食べ物も購入可能

(6)シートorベッド、あなたはどちらを選ぶ??

(1)時間があるならベトナムは縦断すべき国

もし、あなたが世界1周中だったり、東南アジア周遊中だったりして、旅にかけられる時間があるのならー

ベトナムは縦断旅行をするのがおすすめです。

というのも、ベトナムは南北に長い国。北と南で、文化や人々の気質、地形、気候・・・言葉も異なります。それぞれの地方を感じながら、縦断旅行をしていくのは楽しいものですよ。

ニンビンです。ベトナム北部には、このような石灰岩の奇岩があちこちで見られます。有名なハロン湾も石灰岩の奇岩。

 

メコン川。南部に行くと、人々の生活はメコン川に支えられているのを実感します。

南北縦断旅行をすると、同じ国とは思えないような風景に出会うことができますよ!!

(2)縦断旅行の手段いろいろ

縦断旅行の手段は色々考えられます。主な手段は次の4つと言えるのではないでしょうか。

①飛行機…とにかく早い!そして、意外と安い。1回のフライトは、だいたい5000円前後。

②バス…バスは、主に地元の人向けのローカル長距離バスと、外国人を対象にしたオープンツアーバスがあります。イージーベトトラベルのオープンツアーバスは、ハノイ―ホーチミン間、フエ・ホイアン・ニャチャンにも立ち寄れて40ドル。値段が安いことと、先払いなので、ベトナムに慣れていない外国人でも安心して旅をすることができます。また、ローカルバスを使えば、ベトナム中、どこにでも行くことができます。

③列車…安いようで、実はけっこうなお値段なのが列車の旅。今回、ダナンーハノイ間、ソフトベッドの席で62万6千ドンでした。約3000円くらい。ダナンーハノイ間というのは、ベトナム縦断の半分の距離です。色々なところに立ち寄りながら、列車で旅をすると、かなりのお金がかかってしまいます。しかし、多少のお金がかかっても、列車の旅なりの趣があるのも事実です。

④バイク(または自転車)…私はバイクに乗れないので、やったことはないのですが、イージーステイ(日本人宿)に泊まられるお客様をみていると、だいたい3万円前後で購入し、縦断を終えて1万円ぐらいで売却するというのが一般的。中には、自転車で縦断している強者もいます。

 

ベトナム縦断をするのには、上に書いたように、色々な手段があるわけですが、ポイントは、一つの手段にこだわり過ぎないことだと私は思います。

時間がなかったら、部分的に飛行機を使うのがおすすめだし、ベトナムは南北にしか鉄道が走っていないので、バスやバイクでないといけない場所もあるんです。

こちらの鍾乳洞は、フォンニャ・ケバン国立公園にある天国の洞窟。列車では行くことができませんが、ぜひとも行っていただきたい場所。

象乗りというと、タイが有名ですが、バンメトートとダラットの間にあるラック湖では、ベトナムでも象に乗ることもできるます。ただ、ここもやはり列車では行けません。

列車の旅にこだわりすぎては、ベトナムの見どころをたくさん見逃してしまうので、気を付けてくださいね。

 

しかし、反対に・・・

列車だからこその楽しみもあるのが、ベトナム縦断旅行の面白いところ。基本的にはベトナムをバスで縦断しようと考えている人も、次の区間だけは、列車に乗ってほしいです。

それでは、みてみましょう。

> 続きを読む 

-未分類

Copyright© ベトナム現地ツアー&オープンツアーバス EZ VIET Travel(イージーベトトラベル) , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.