ベトナムの天気

ベトナムの国土は南北に長いため、同じ時期に訪れても、気候がかなり異なります。首都ハノイを中心とする北部、フエやホイアンなど観光地が多い中部、そして商業の街ホーチミンを中心とする南部。気候は、北部、中部、南部と大きく3つに分けることができるので、自分が訪れるエリアの気候を調べてから行くことをおすすめします。

北部の気候

北部には、日本のようにはっきりとしたものではありませんが、四季があります。

ベストシーズンは、雨が少なく気温も下がる、11月~4月頃と言われます。この時期、3月頃までは、基本的に長袖でよく、時にセーターやジャケット、コートなども必要になります。ただ、日本とは異なり、突発的に30度近くまで上がる日もあるのでTシャツなども1枚持っていくとよいかもしれません。

5月頃から9月頃までは、気温も高く、雨の多い時期です。10月頃からは秋になり、台風が上陸することもあります。ハロン湾ツアーが欠航になることもあります。

ハノイ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
最高気温(℃) 20 20 23 27 32 33 33 32 31 29 26 22
最低気温(℃) 14 15 18 21 24 26 26 25 24 22 18 15
降水量(mm) 18 26 48 81 194 286 302 328 262 123 47 20

※山間部サパは、ハノイ以上に気温が下がり、冬場は雪が降ることもあり、1~2月は寒さが厳しいです。トレッキングをするなら、3~5月、10~11月がベスト。夏場は雨が多くなります。

中部の気候

中部の気候は、乾季と雨季に分けられます。

乾季は、2月~8月頃で旅行のベストシーズンです。とくに、海で泳ぐのであれば、海のコンディションが落ち着く、4月・5月以降がおすすめです。

9月~1月頃は、雨季です。基本的に、1年中気温が高いといえますが、雨季は肌寒い日も少なくないので、羽織るものを用意しておくといいでしょう。10月~12月は非常に雨の多い時期ですので、中部旅行はあまりおすすめできません。

フエ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
最高気温(℃) 28 28 29 31 31 33 33 32 32 31 30 30
最低気温(℃) 23 23 25 26 26 27 28 28 26 24 24 23
降水量(mm) 187 89 57 67 78 104 76 125 492 744 594 346

南部の気候

南部の気候も、乾季と雨季に分けられますが、時期が中部と異なります。

ホーチミンの乾季は12月~4月頃です。雨季に入る直前の4月は気温が非常に高くなるため、ベストシーズンは11月~3月頃と言われます。

5月~10月は雨季ですが、北部や中部と異なり、防寒着は必要ありません。長袖は、年間を通して、冷房対策や紫外線対策としてご用意ください。

ホーチミン
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
最高気温(℃) 32 33 34 35 35 32 31 31 31 31 31 31
最低気温(℃) 21 22 23 25 25 24 24 24 24 23 23 22
降水量(mm) 14 4 12 50 221 315 298 274 332 264 115 51

※南部でもビーチリゾートとして有名なニャチャンは雨季の時期が遅めで、9月~12月です。4・5月頃がおすすめです。

 

投稿日:

Copyright© ベトナム現地ツアー&オープンツアーバス EZ VIET Travel(イージーベトトラベル) , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.