女子旅 バッチャン

15世紀頃から陶器作りが始まったバッチャンには、約100軒の陶器の工房があるそうです。実際にバッチャンに足を運んでみると、本当に陶器ばかり。

伝統的なデザインから、モダンなデザインまで色々な種類があるので目移りしてしまいますよ。

 

 何でもそろうバッチャン焼きもの市場 

IMG_1681

定番デザインを買うならば、バス停から道なりに行けば必ず見つかる、焼き物市場がおすすめ。

店舗数が多く、迷子になりそう。

まずは、この市場の中をぐるっと1周してみましょう。

 

 

 

 工房見学もバッチャン村の見所 

IMG_1384

バッチャンに行く楽しみは、陶器を買うだけではありません。陶器を作っているところや、窯などを見学することができるのです。

写真は、「妊婦窯」(Lo Bau)といって、バッチャン唯一の登り窯。妊婦のお腹のような形状をしています。

妊婦窯(Lo Bau Co) 住所:Xom3, Bat Trang

 

 

 おしゃれバッチャン焼きに注目 

IMG_1415

トンボや菊の花といった伝統的な柄の他にも様々なデザインがあるバッチャン焼き。自分好みのデザインの食器が見つかるかもしれません。

こちらのお店は、店内のインテリアもかなりモダン。

デリシャス・セラミックス(Delicious Ceramics) 住所:227 Giang Cao, Bat Trang

 

 

 ローカルバスで小旅行 

IMG_1376

ロンビエンバスターミナルから、47Aの路線バスで行くことができます。

終点で降りればよいので、行き方はとっても簡単。

ローカルバスにチャレンジしてみたい人にも、バッチャン村はおすすめですよ。

※写真は旧市街の東河門を出たところのバス停。こちらから乗ってもOK!

 

 

 

ハノイ旅のキーワード

ハロン湾フォー水上人形劇フレンチヴィラでLunchローカルスイーツバッチャン焼

> 前のページへ 

投稿日:2016年12月6日 更新日:

Copyright© ベトナム現地ツアー&オープンツアーバス EZ VIET Travel(イージーベトトラベル) , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.