ハノイ旅行持ち物大公開!ベトナム渡航10回以上の女子が教えます。

投稿日:

こんにちは!イージーベトトラベルのNaomiです。

今回は、ベトナム、とくにハノイ女子旅に必要な持ち物を大公開!!

旅行に行くときは、何をどれくらい持っていっていいものか悩みませんか??私も海外旅行を始めた頃は、あれもこれもと、大量の荷物を持っていくことが多かったのですが、今はかなり必要最低限の荷物でハノイに向かいます✈

(私は、LCCを利用することが多いので、目指せ荷物7キロで行っています!)

それでは、日本・ベトナム間を何十往復もしている私が、ハノイに行くときの持ち物を大公開しちゃいますよー✨

ハノイ旅行の持ち物リスト👀

メインバックは、機内持ち込みの大きさのキャリーを使っています。サブバックは、リュックとサコッシュを使っています。

★キャリーバック★

①2日分の洋服上下

2泊3日以上でも、洗濯をすれば、当日に着ていくお洋服も入れて3日分あれば、十分たりますよ‼

②2日分の下着+水着

ハロン湾などで海に入る可能性も考えて一応、水着も。

③パジャマor部屋着

現地調達でもOK。

④サンダルorビーチサンダル

こちらも現地調達でもOK。日本からは、スニーカーを履いていって、現地では、暑いことも多いので、サンダルですごしています。

⑤ヘアアイロン&巻き髪用のコテ

旅行用の小さいやつがおすすめ。

⑥ちょっとした薬

私は乗り物酔いが激しいので酔い止め・胃薬くらいは、持っていきますが、基本的には、現地で具合が悪くなったら、現地の薬局の薬を買うので、たくさんもっていかなくても大丈夫です。

⑦化粧品

女子なら絶対大事(笑)

⑧羽織(ウルトラライトダウン)

冷房で寒かったりする際や、フライト中も意外と寒いことも多いので、持ち歩いています。

リュック&サコッシュ★

①パスポート

自分のお気に入りのパスポートケースに入れて、旅を楽しみましょう♪

ちなみにこのパスポートケースは、イージーステイの元ベトナム人スタッフさんがプレゼントしてくれた私のお気に入りのケースです。皮でできていて、カスタムで名前など入れることなどもできます!ハノイのナイトマーケットで作ることができますよっ♪ハノイの思い出に旅行中に作るのもお勧めっ☺

②お財布

手持ちの現金を分散させるために、小さい財布と、小さいポーチと2種類持っていっています。一つ落としてしまっても、もう一つあれば最悪どうにかなります(笑)

③パソコン

お仕事で必要なので、持ち歩いています。旅行中完全にフリーになれる人はいらないですね。

④充電器関係

充電器類は、1つのポーチにまとめています。

⑤ティッシュ・ハンカチ

必須アイテムです!!特にティッシュ!絶対持ち歩いてください。(現地調達可)

⑥ウエットティッシュ

コチラもあったら便利!!手を拭きたい時など、何かと使えます。

【どうしてサブバックが2つなの?】

普段は、リュックの中にサコッシュごと入れておきます。

しかし、空港などで、パスポートなどの出し入れが多い時などリュックから度々パスポートなどをとるのがめんどくさいので、サコッシュをリュックの外へ。

あとは、ハノイに到着し、コンビニに行くときや、近くにご飯行くときなど、リュックまでいらないときも、サコッシュは便利。

ハロン湾クルーズなどのツアーに参加するときは、リュックを持って行くために、どっちも必須です♪

 

女子旅の持ち物4つのこだわり

私がハノイへ行くときの「こだわりポイント」です。毎回、多少、持っていくものに違いはありますあが、「ここだけは!」というポイントをまとめましたよ。

女子旅こだわり①バックパックではなく、キャリーバックを選ぶ

以前はバックパッカーだった私。

東南アジアの旅はバックパック背負って、なんぼでしょーって思っておりました。後ろにバックパック、前にサブバックを背負っての旅行こそバックパッカーの証だと思い、重い荷物を背負って色々な国に行きました・・・が!!

今は、キャリーバックに荷物を入れてガラガラひっぱりながらと旅行に行きます。

私が思う、キャリーバックを選んだほうがいい理由は、キャリーバックの方がトイレがラクだからです。え、そんな理由でと思う人もいるかもしれませんが、トイレって意外と大切です。

バックパックの場合

  • 重たい
  • 置き場所困る(床が汚い)
  • バックパックかけるところ(荷物かけ)が日本みたいにあればいいけど、わりとない。または、壊れている。

背負ったままにすればいいじゃんって思うけど、重たいから、前に背負いながらのトイレもつらいです。

キャリーバックの場合

  • 移動の時に重たくない。
  • 空港などで荷物が心配な時もキャリーと一緒にトイレの中に入れて、その上に背負っているリュックなども置いておけるから、安全。
  • リュックの中からティッシュとか取るのもめっちゃラク。(トイレにティッシュない事が多い)

ということで、私は、女子旅には、キャリーバックでのご旅行をお勧めします。

ベトナムの道路はガタガタ道もあるので、ちょっと、ガラガラ引っ張りにくい場所は要注意ですが、だいたい問題ありませんよ♪

女子旅こだわり②行く季節によって服装を選ぶ

ベトナムは、一年中暑くて汗ダラダラ~なんて考えていませんか?

私も実際ハノイの冬なんて余裕余裕‼と思っていて、初めてのハノイに到着した瞬間に寒すぎてびっくりしました。

そう実はハノイには四季があるんですよ。

春夏秋冬・・・そう冬もあるのです。

ベトナムで寒いと感じるなんて信じられますか?北海道育ちの私も驚きの寒さの日なんかもあります。

1年を通してざっくり四季を分けると

12~2月: 冬 ウルトラライトダウンを持っていきましょう!半そでの人はいません。

3月~4月: 春 調節できる服がおすすめ

5~10月: 夏 半そでで過ごせます

11月: 秋 調節できる服がおすすめ

ってところでしょうか。

季節によってもお洋服の種類が変わってくるのは、日本と一緒です。旅行の時期によって持っていくお洋服を選びましょう。

女子旅こだわり③足りないものは現地で購入

荷物をパッキングしようと思ったら、あれもこれも持って行きたい!!!!そう思うのが、女子の心情ではないでしょうか。

私も毎回そうなります。

しかしここは心を鬼にして2日分だけもっていきましょう!!

お洋服は、なるべく出発の時に来ていく服∔2日分のお洋服上下だけにしておきましょう!当日着ていく服も合わせて3日分のお洋服さえあれば、旅行はどうにでもなります。

パッキングした後、えっ絶対足りないじゃんと思うと思いますがなんてったってハノイは、ショッピング天国ですよ♡

安くておしゃれでかわいいお洋服、ピアスなどの小物、帽子、靴、サンダルなどなど、なーんでもたくさん売っています!!

週末開催のナイトマーケットに行けばなんでもそろっちゃいます。

せっかくなら現地でショッピングして、買った服を現地で着る!!これでこそ旅行の楽しみじゃないでしょうか?

Tシャツとタイパンツを買っても合わせて1000円以下で買えちゃいますよ。

お友達と旅行の方は、みんなでお揃いの服とか買って、写真を撮ったりしながら、旅行を楽しむのもありですよね。

ちなみに、シャンプー&コンディショナー、ボディーソープ、歯磨き粉、などの液体類は重いので、私は、毎回現地調達です。ちょっとしたホテルだったら、アメニティもそろっています。

コンビニやスーパーにいけば、パ〇テーンとか日本でも見たことあるシャンプーとかが普通に買えますよ♪

機内持ち込みの場合、100ml以上の液体は制限されているので事前に要チェックです。

女子旅こだわり④ティッシュは必ず持ち歩く

女子旅に限らず、ベトナムのトイレには、ティッシュがないことが多いです。これも現地調達で十分なのですが、常にかばんには、ティッシュを入れておきましょう!

テーブルが汚かったりするときや、手を拭きたい時など、結構大事です‼

まとめ

以上「ハノイ女子旅持ち物編」でした!

ハノイには四季もあるので冬は上着も必要ですが、必要最小限の荷物で出かけましょう。コンビニやおしゃれなショップもどんどん増えているので、足りないものは何でも現地で買うことができますよ。

皆さんが楽しくハノイ旅行するために、なにか聞きたいことがあったら、いつでもお問合せ下さいね。

イージーベトトラベルのスタッフが現地のリアルタイムのお天気情報なども教えます。

★★メールアドレスはこちら★★
ezviettravel@gmail.com

 

ハノイ観光ならコチラも必見!!

【満足度100%】ハノイ2泊3日女子旅モデルコース~日本人宿が提案するハノイ観光案内!~

-ベトナム情報

Copyright© ベトナム現地ツアー&オープンツアーバス EZ VIET Travel(イージーベトトラベル) , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.