ハノイの日本人宿が提案するベトナム旅行/3月1日よりツアー販売開始

ベトナム現地ツアー&オープンツアーバス EZ VIET Travel

 +84-90-3282-086

オフィス所在地:82 Nguyen Khuyen,Dong Da,Ha Noi
(日本人宿EZ STAY Hanoi内)

ツアー体験④【東南アジア最大のバイディン寺&陸のハロン湾チャンアン】、2回目のベトナムにおすすめ!

投稿日:2017年1月22日 更新日:

イージーステイハノイのアラサー女子すずきさんが実際にツアー体験してみる、こちらの旅行記もついに4回目。

IMG_2017

今回ご紹介するのは、東南アジア最大規模の「バイディン寺」と陸のハロン湾と呼ばれる「チャンアン」の2ヶ所を巡るツアー。

そもそも、どこにあるの?

まず、バイディン寺とチャンアン、どこにあるの?って感じですよね。

ハノイから車で2時間半ほどに位置するニンビン省にございます。

ニンビン省はこちら↓↓

それほど遠くありません。つまり日帰りでの観光もOK!

ちなみにニンビンには、バイディン寺とチャンアンの他にも、古都「ホアルー」やもう一つの陸のハロン湾「タムコック」もございます。

見所の多い街ですね。

 

バスで一眠りすれば着いてしまうのが、ニンビンのいいところ!

IMG_1892

毎度のことながら、ツアー旅行の始まりはバスからでございます。

今回は、ベトナム語と英語の混在ツアーで、合計10名ちょっと。

車内では、お水が配られた後、ガイドさんが、今日のツアーのスケジュールと、バイディン寺とチャンアンについてのお話を、ベトナム語と英語で交互にしてくれました。

 

〈英語ツアーに参加する際のワンポイントアドバイス〉

この説明、たいてい、ガイドブックに書いてある内容です。わからない!どうしよう!!って心配にならないでくださいね。さらっと聞き流してOK。ヨーロッパ系の人でも、英語が母語出ない人は、みんながみんなわかっているわけではありません。

 

ガイドさんの説明が終わると、あとは現地まで・・・すずきさんは、お昼寝タイムとしてしまいました。2時間半だと、寝ている間に、あっという間についてしまいます。

IMG_1899

トイレ休憩&お土産屋タイムはありますけれどね。市内の2倍、3倍の価格なので買う気にはなかなかなりませんが・・・

 

東南アジア最大のバイディン寺

IMG_1913

ツアーの最初に訪れるのはバイディン寺です。

 

IMG_1907

バスを降りたら、電気カーに乗って、いざお寺へ。電気カーに乗るにはチケットがいるので、ガイドさんから一人ずつもらいます。チケットは行きと帰り、それぞれ別に必要です。(個人で来た場合、電気カーに乗らず、歩いていくこともできますよ。)

 

IMG_1912

電気カーに乗ること5分もしないうちに、到着!

なんだか遊園地の入場門みたいですね。

 

IMG_1933

中に入ってみましょう。500体の仏像が見ものです。黒くなっているのは、観光客が手で、撫で撫でするからだそう。

 

ちなみにこちら・・・

IMG_1931

1963年、南ベトナムの仏教徒に対する高圧的な政策に講義するために、アメリカ大使館前で焼身自殺した僧侶、ティック・クアン・ドック。(1番最初に見られると思います。)

平和なベトナムしか知らないすずきさんですが、いろんなことを乗り越えてきた国なんだよなぁ・・・としみじみ。

 

IMG_1938

しみじみとしたあとの、おもしろ仏像を探し。

きっと、この方も偉い方なんでしょうけど・・・もちろん、どこのどなたか存じ上げません。

 

IMG_1943

こちらは、大鐘。大晦日(旧正月)など、特別なときにつかれるそうです。

 

IMG_1963

千手観音。目も千個あるそうです。

 

IMG_1979

そしてアジア最大の金の銅像らしい、お釈迦様。

どのくらい大きさか感じていただくために、引きで・・・

IMG_1982

こんな感じの大きさです。

 

バイディン寺は、このお釈迦様も含め、とにかく大きい!のが特徴です。

さて、このバイディン寺、どうやって建てたのでしてょう。国がでっかいことやってやろうと作っちゃった??いえいえ、ビジネスをやっている個人の方が私費で建設されたそうです。

ベトナムのお金持ち、半端ないですなぁ!!!

> 続きを読む 

-ツアー体験してみたよ♪ ベトナム旅行記, ニンビン

Copyright© ベトナム現地ツアー&オープンツアーバス EZ VIET Travel , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.