ツアー体験⑥ 初めてのベトナムに超おすすめ ホーチミン発格安メコン川ツアー

投稿日:

初めてのベトナム旅行・・・、いったい、どこに行ったらいいかわからない・・・、と、お悩みの皆様!!

ホーチミン発の日帰りメコン川ツアーが、おすすめです。

ベトナム南部、ホーチミン発の目玉ツアー「メコン川日帰りツアー」を体験してきたので、ご紹介いたします!!

 

メコン川ツアーとは

肥沃な大地によって、米作りが盛んなベトナム南部。

その大地を支えているのが、チベット高原を源流とする東南アジア最長の河、メコン川です。

「メコン川日帰はりツアー」は、そんなメコン川を見に行ってみよう!というツアーです。

 

メコン川ツアーに実際に参加してみました!

現地で前日までに申し込み。当日の朝でもOKな場合も

メコン川ツアーに行く方法はいたって簡単!

メコン川ツアーに行きたい日の前日までに、現地旅行社に申し込みに行けばOKです。

 

ツアー会社が多くあるのは、バックパカー街エリア。

ファングーラオ通り(バックパッカーストリート)やデタム通りには、日帰りメコン川ツアーを扱う旅行社がたくさん並んでいます。

こちらは、私が申し込んだファングーラオ通りにあるツアー会社さんです。

基本、どこの会社も英語対応で、英語の格安ツアーを扱っています。

少し高くても日本語ツアーがいい!!という人は、ファングーラオ通りと交差するデタム通りに、日本語ツアーを扱うTNKトラベルさんがあるので、ぜひそちらへ。

 

英語ツアーの相場は10ドル(20万ドン)前後です。

内容の違いはほとんどありませんが、10ドル以下のツアーの場合、食事が簡素です。10ドル以上の場合、食事にご当地料理がつくことが多いです。

気になる人は食事メニューをチェックしてから申し込むとよいですよ。

 

ツアーを申し込むと領収書がもらえます。

領収書をもらったらすぐに、参加日の朝の集合時刻をチェックしましょう。

ホテルまでのピックアップがある場合と、ない場合があるので、それも要確認です。

後で確認すればいいや~、と思っていると後悔しますよ。

というのも、ベトナム人の書く文字、とくに数字は、日本人にとっては読みにくいのです・・・

★Backpacker (Phạm Ngũ Lão)Street 地図★

 

たったの2時間でメコン川に到着

メコン川ツアーの船着場があるみトーの街までは、ホーチミンからバスに乗って2時間ほど。

 

私は、バスの中で食べる朝ごはんとして、ベトナムのサンドイッチ、バインミーやベトナムコーヒーを買って乗り込みました。

 

たくさんのツアーバスが出る、バックパッカー外には、朝からバインミーの屋台がたくさん並んでいます。コンビニも多いので、朝ごはんの調達には困りません。

 

永長寺見学、見どころは意外にも蓮の花

多くのツアーが、ツアーの最初か最後に、永長寺というお寺に立ち寄ります。

 

中国とフランスの建築様式を取り入れているのが特徴だとか。

 

そして、ここでの個人的なおすすめポイントは・・・

 

蓮の花。

季節によっては見られないこともあるでしょうが、私の行った4月はとてもきれいに咲いていました。ベトナムのお花といったら、やはり蓮ですよね。ベトナム航空のロゴも蓮の花ですよ。

 

エンジンボートに乗って心地よい風を感じる

さあ、メコン川ツアーの船着場がミトーの街に着きました。

エンジンボートに乗り込み、トイソン(ユニコーン)島に向かいます。

 

メコン川・・・広いです! でかいです!

悠々と流れるメコン川と、晴れ渡った青空を見ながら、風を切って走る船に乗るのは、本当に心地よいですよ~。

 

イベント盛りだくさん!充実の内容

トイソン島に上陸!

トイソン島は、ツアー客を楽しませてくれるイベントが盛りだくさん。

 

出た~、ニシキヘビぐるぐるタイム。個人的には、ヘビはおとなしくて、けっこうかわいいと思うのですが、いかがでしょう?

旅の思い出になること間違いなし。

 

蛇の次は、蜂!!!

 

はちみつの試食もできます。これは美味しい。もちろん、お土産に買うことも可能。

 

はちみつの次はフルーツ試食タイム。

 

ベトナムの民謡を聞きながら~♪♪

 

待ってました、ジャングルクルーズ

そして、いよいよジャングルクルーズ。

ちょっと混んでいるおとが多い・・・、なんだか遊園地のアトラクションみたいでジャングルクルーズとは程遠い気が・・・

 

でも、実際に乗ってみると、やっぱり楽しいです。

ベトナムの笠、ノンラーをかぶってテンションup。

日本で思い描いていた、ベトナムのイメージここにアリ!って感じです。

 

ランチは超シンプルだけど味はOK、追加も可

ジャングルクルーズの後は、ミトーの対岸の街、ベンチェーにエンジンボートで移動し、ランチです。

今回、私が体験したツアーは、なんとランチ込みで18万ドン(約900円)なのですが・・・

このツアーが格安な理由の一つに、お食事が超シンプルだからということがあります。

 

写真は実際のランチ。

見ての通り、超シンプルランチ。

でも、お味はGOODですよ。

 

ちなみに、ビールやソフトドリンクは別料金。

だけど、暑い中飲むビールやコーラは格別なので、ケチらず注文がおすすめです。

 

数ドル高いツアーになると、象耳魚がついてきますよ。

日本語ツアーだったら、ほぼ間違いなくついているでしょう。

象耳魚の味については、賛否両論ですが、私はけっこう好き。それに、写真にとってもおもしろいし、私は象耳魚付ツアーの方がおすすめだなぁ。

※実は、私、メコン川ツアーは今回で6回目くらいです(笑)

※格安ツアーでも、現地で象耳魚は追加注文可。ただ、一人参加の場合、食べきれないし、同じテーブルの人が頼んでいないと頼みにくい。

 

まだまだ続くツアー、内容は充実しています

食後は、しばしフリータイム!

ハンモックでお昼寝。最高の贅沢です。

 

動物コーナーがあり、ワニさん観察。

などなど。

屋外レストランのまわりで、のんびり過ごしました。

 

そして、まだまだ、ツアーは続きます。

 

レストランから次の場所へ、徒歩で移動中、お土産屋さんがありました。

 

そこで私はウォーターココナッツにトライ。

スプーンですくっているのが、それ。

液体は普通のココナッツジュースです。

 

ウォーターココナッツの実はこんな感じ。

普通のココナッツの木は地面から生えていますが、ウォーターココナッツの木は川の中から生えているんですよ。

 

さあ、やってきましたのは、馬車乗り場。

このツアー、どれだけイベントがあるんだ??ってくらい、内容充実なんです。

 

お馬にゆられ、パッカパッカ。最後の目的地に向かいますよ。

 

最後に訪れたのはココナッツキャンディー工場でした。

 

ガイドさんによるココナッツの割り方のデモンストレーションなんかもあります。

 

そして、ココナッツキャンディー工場、一番のお楽しみは出来立てキャンディーの試食!

これ、出来立てだから、とろける感じがあって、とっても美味しいです。

ただ、冷えると、普通に美味しいにかわってしまいます。

私は、初めてメコン川ツアーに参加し、このキャンディーの美味しさに感動し、思わずたくさんお土産として買ってしまいました。しかし、日本に帰って食べてみると・・・あれ、普通においしいに変わっている・・・買い過ぎでした。

お土産として、おすすめですが、みなさん買い過ぎにはご注意あれ。

 

と、まあ、こんな感じで、食後のあとも内容盛りだくさんのメコン川ツアー。

すべての内容が終了したら、エンジンボートで船着場に戻り、バスでホーチミンへと帰ります。

ホーチミンに着くのは、だいたい夕方5時頃。

バックパッカー外で終了なので、そのまま、ビールを飲みに出かけるのもいいですよね。

 

 

メコン川ツアーのまとめ

いかがでしょうか、「メコン川日帰りツアー」

ジャングルクルーズだけでなく、様々なイベントでいっぱいのこのツアー。

格安ツアーなのに、ベトナムらしさが「ぎゅっ」と詰まったツアーですよね。

 

だから、ベトナム初めての方にとってもオススメなツアー!!です。

 

しかーし、残念ながら、まだ、イージーベトトラベルでは南部ツアーは取り扱っておりません。

こんなに、オススメ、オススメと力説していて、申し訳ないです。

ただ、ツアーについての質問は可能な限りお答えしますので、気になる方はお気軽に、お問い合わせくださいね。

2017年度中には、南部ツアーもお取り扱いできるようにがんばりますので、どうぞお楽しみに!

-ツアー体験してみたよ♪ ベトナム旅行記, ホーチミン

Copyright© ベトナム現地ツアー&オープンツアーバス EZ VIET Travel(イージーベトトラベル) , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.